« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

大分vs鹿島

チームそのものの総合力が違いすぎだった。

鹿島の控えと大分の控えを見れば歴然だわ。

もう一ついわせてもらえれば、

スタメンを欠いたときに出る選手のレベルが

(これ以上は申し上げられません)

笑われるかもしれないけど、チームは

来年のことを考えて動く時期かな。

今日は11月23日。勤労感謝の日。

しかし、選手にとっては、

(この後、激辛な文章が続きます。

ご理解の上、お読みください)

続きを読む "大分vs鹿島"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナビスコ決勝出場メンバーに思う

2002年の11月2日、大分はJ1昇格を決めました。

あれから6年、

昇格メンバーは高松西山だけになりました。

ナビスコ決勝にこの2名が出場したことは

言葉にできない重みを感じます。

「うちは、金 は 無 い、

でも、夢 と チャンス は あ る」

といわれたかどうかは知らないが 

下川、上本、藤田、森島(デカシ)、

チャンスを求めて移籍してきた人たち。

コバヒロ、JFLからはい上がってきた人。

ホベルト、エジ、ウェズレイ、

かけがえのない助っ人3人衆。

森重、金崎、高橋、深谷、

大分で育った人たち。

サッカーができること、

この単純なことを

心から喜んでいる。

そういう選手が集まるチームは、

今は苦しくても、

きっと上向くと思います。

続きを読む "ナビスコ決勝出場メンバーに思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコカップ 決勝

11月1日(土)、国立競技場。

芝は美しかった。私はTV観戦。

トリニータは、鈴木慎吾がいないことと

高松の先発起用を除けば、

あとは普段のトリニータでした。

何も変わったことはしていなかった。

藤田は初めてのポジションを

気合いでこなしました。

高松の先制点は、実に

彼らしいヘディングでした。

ウェズレイの2点目は、

これまた彼らしいものでした。

社長の姿も、この日ばかりは

ほほえましく見えました。

カップを土産に大分に帰ってきた

選手達、ありがとう。

国立へ駆け付けたサポーターの皆さん、

大分サポも、他チームサポも、

ありがとう。

続きを読む "ナビスコカップ 決勝"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »