« ちょっと遅めの遠征記録(遠征記ではない) | トップページ | 踊る大分サポ(前編) »

新潟遠征を終えて(感想文)

 強行日程で疲れました。
 でも、今回も感じました。
「新潟スタジアム ビッグスワンは一度行くべきですよー」

 サポーターは試合を楽しみに開門を待つ。
 遠足の自由時間のような、ほのぼのとした空気。
 しかし、いざ試合が始まると、老若男女集まるゴール裏が
 強烈な声量で選手を後押し。
 
 (飲み会で「本気で再逆転すると思って叫んだんだよ」と聞きました)
 そして試合後は自分のゴミをきちんと始末して帰って行く。
 (新潟サポはアウェイでもゴミをきちんと始末していくのだよ)
 地域密着、「俺たちのチーム」と皆が心から思う様子が、はっきり感じ取れる場所。
 
 「待て、大分も同じだろう!」と言う方もおられよう。

 思い出してみてください。
 開門前の様子、開門後の様子。
 試合中、ゴール裏なのにピッチではなくゲーム機や携帯電話を見ている人の姿。
 ここで声出さなければ、と思う場面で声が出ない。
 試合後、黄色いトリニータシートの下や金具のスキマにゴミを放置して
 家路につくサポーター。残念ながら親子連れに多い。

 大分トリニータは、昨年シャムスカ監督とマルセロコーチの就任により
 チームはまずまずの結果を残すことが出来、今年も上向きの様子。
 サポーターの姿勢は、それを支えるにふさわしいものであろうか?
 「自分は出来ている」という人もいるだろう。
 しかし、大分トリニータサポーターは、一つ上の段階を目指す時に
 来ているのではないだろうか?
 「自分は」でなく「みんな出来ている」「みんな思っている」というレベル。
 某選手が好き、某監督が好き、ではない「大分トリニータが好き」というレベル。
 そうでなければ、このオフを耐えることは出来ないだろうと思う私がいる。

 大分と新潟、出発は似ていたかもしれないが
 創立10年を経て何か大きな差が生まれていると感じた2年前の新潟遠征。
 その思いを一層強く持った、今回の新潟遠征でした。 
 
 
 

|

« ちょっと遅めの遠征記録(遠征記ではない) | トップページ | 踊る大分サポ(前編) »

サッカー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大分カレーと新潟カレー食べさせて貰いました。
大分カレーとても美味しかったです。
でも、湯で時間が大分の方が短かったので

この勝負大分の勝ち~。
で、味は新潟でしたね~(笑)

投稿: RYO | 2006.09.08 21:48

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16705/11705612

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟遠征を終えて(感想文):

« ちょっと遅めの遠征記録(遠征記ではない) | トップページ | 踊る大分サポ(前編) »