« 2006年2月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年4月

連絡事項

本ブログをご覧の皆様へ

管理人のADSL回線工事の関係で、しばらくの間
ネット環境が変わります(FOMAによる接続のみ)。
こちらへのコメント、トラックバックへの対応が
遅くなりますことをご理解ください。

メールチェックはいたしますが、添付ファイルなどありましたら
後日お送りくださいますよう、お願いします。

ご迷惑をおかけしてすみません。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

交流会、無事終了です

下の記事でお伝えしていた「甲府サポ様との交流会」は
無事終了いたしました。

遠路はるばる駆けつけ、参加いただいた甲府サポ様、
ありがとうございました。

試合は大分の勝ちでありましたが、
甲府のサッカー、素晴らしかったです。
選手達の「出だしの早さ」は大きな武器だと感じました。
詳細は後日、試合内容と共にアップいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲府様、九石ドーム探検へようこそ! 告知ページ(代理)

直下の記事で書きました「甲府サポーター様との交流会」のことですが、
リンク先のページでアクセス障害を起きており、ご迷惑をおかけしております。
完全復旧が11日以降との情報ですので、当ブログが受付窓口を担当いたします。

甲府、大分とも苦しい戦いが続いていますが、長いJ2時代を経て昇格を果たした同士、
これからも同じJ1で戦っていきたいです。
シャムスカ監督に注目が集まる大分トリニータですが、その影にはいくつもの課題があります。
経営状況が楽とは言えない状況で様々な努力をしておられる甲府のチームやフロントの
対応についてもお聞きできれば、と思っています。
15日の勝敗に関わらず、よい交流の場にしたいと考えています。
都合がよろしければ、是非にご参加くださいませm(__)m

交流会の概略

日時  4月15日 19:00より

場所  パパライオン
     大分市都町3-4-3銀座会館2F(ホテルZAAZ斜め向かい、ビルに赤い看板あり)
     097-537-2021
     お店のサイト http://fhp.from.jp/papalion/?p=01&n=&k=1

会費  3000円程度 

2次会 特に設定しません。ご希望の方は現場の大分サポにお申し付けください。

連絡先 当ブログ左下にある「メール送信」ボタンより、メールにてお知らせ・お問い合わせください。
     なお、件名を 「交流会参加希望」または「交流会について」としてください。

    
    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月15日は、九州石油ドームへ!

新年度最初のホームゲーム、
15:00よりヴァンフォーレ甲府戦です。
そこのあなた、ご家族やお仲間を誘ってサッカー観戦などいかが
ですか? 花冷えの季節ですから暖かい格好でお越しくださいね。
お肌の健康を守るためにも紫外線対策(防止、長袖の上着、日焼け
止め)は欠かさずに。

あ、「そこ」と申しましたが、何も大分サポだけに申し上げてい
るわけではございませんよ。このブログを見ているヴァンフォーレ
甲府サポーター様
にも申し上げているのですよ( ̄ー ̄)。
 2002年以来、実に4年ぶりの対決ですね。当時は大分市営陸
上競技場での試合でしたね。芝生で立ち応援はさぞ大変だったこと
でしょう。

いかがでしょう。チームスローガンの「Explore J1~探検J1~」
にならい、『九州石油ドーム』(またの名を「大分スタジアム ビ
ッグアイ」)まで探検に来られませんか?
 全席(もちろんアウェイ側も)ちゃんと椅子があります。噂の
ャムスカ監督
も見られます。全身青タイツのあやしい生命体(子ど
もたちを引き連れているでしょう)も見られますw ハーフタイム
中はロケット風船が飛ぶというどこかで見たような光景も目にでき
ます。
それだけでは物足りない、とおっしゃる方。大分名物の「鳥天」
「だんご汁」「(運がよければ)関アジ関サバ」も、甲府サポー
ター様の胃袋に入る日を心待ちにしています。お酒たちも、麦焼酎
を筆頭に今か今かとスタンバイしてます。
 当日の勝敗がいかなるものになろうとも、大分の夜の街は甲府サポーター様を
歓迎いたします。ひとりで探検は…と悩んでおられる方には「夜の探検ツアー」
をご用意しておりますよ( ̄ー ̄)。詳細は↓をクリックしてくださいませ
        「甲府様、九石ドーム探検にようこそ!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こころ異になりぬ

高校時代の古文の授業で竹取物語をやったとき、印象に残った
場面がある。
 中秋の名月(十五夜)の日、月からの使者が「人間界の衣装を脱
いで、これにお着替えなされませ」と差し出した月の世界の衣装に
「かぐや姫」が袖を通したとたん、育ててくれたお爺さん・お婆さ
んとの別れを悲しむ「こころ」が消えてしまった、というのだ。
 そのことを「こころ異(こと)になりぬ」と書いてあったと記憶
している。

 実際、衣装(被服)には人間の「こころ」に大きな影響を与える。
制服を着ることは会社・学校の一員になったという自覚を促すため
である。日本代表のユニフォームを着た選手達はリーグ戦とは全く
違う一面を私たちに見せてくれる。WBCではイチローが大きく取
り上げられたけれども、個人的には「全力疾走する松中→2塁ベー
ス上でガッツポーズ」に驚いた。

 ただしリーグ戦で言えば、応援していた選手が他チームへ移籍し
てユニフォームが替わる例もある。今年、大分から多くの選手が移
籍したことは以前の記事にも書いたとおりである。そのうち数名の
選手(のチーム)と大分は既に対戦している。

 マグノは、ガンバ大阪のユニフォームを着ていても、私たちの知
るマグノのままだった。チーム内でも、ガンバサポの間でも信頼を
勝ち得たようで安心している。

 有村も、良くも悪くも私たちの知る有村のままだった。何をする
のも中途半端で、梅田にファールしてしまったのも有村らしいので
はあるが。早くチーム内の信頼を勝ち取って欲しいと思う。

 吉田については、観戦していた人から聞いた話として「前半、梅
田にレイトタックルに行って倒すも、梅田に声をかけることなく何
事もなかったかのように平然とポジションへ戻った」場面があった
という。その人の口調からは「孝行って、あんな選手だったかな」
という失望すら感じられた。
 吉田に関して言えば「こころ異になりぬ」だと思う。決してビッ
グクラブに移籍したことで慢心しているのではない。むしろ、余裕
がなくなったのだろう。決して本意ではないポジションでの起用、
そこには実力ある若手(田中)が控えにいる。常に好調をアピール
し続けなければ、あっという間にすげ替えられる。必死になるあま
り、「大分にいた頃の吉田」ではなくなってしまったのだろう。そ
れもまた、サッカーの現実の1つである。

 若手が多くなった大分トリニータ。今いる選手の中にも、そう遠
くない将来に違うユニフォームを着る人が出るだろう。
 サッカーの世界に移籍はつきもの。願わくば、大分サポーターが愛した
「こころ」はそのままであって欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復帰しましたm(__)m

リーグは開幕したのに、サイトは放置しておりました。
ただいま神が降りてきたようなので、まとめて更新w。

3月~4月初めのまとめを箇条書き。
 ・九州石油様、ネーミングライツお買い上げ、誠にありがとう
  ございました。
  (2月末でしたが)県知事様の「今すぐにでもサインを(ry」
  な勢いのインタビューが印象的でした。

 ・FC東京戦 →なんじゃこりゃあー(松田優作風)orz

 ・広島戦   →試合終了まで気を抜くなよorz

 ・ガンバ大阪戦→オズマールと章太がキタ━(゚∀゚)━!

 ・マリノス戦 →orz

 ・名古屋戦  →セットプレーでキタ━(゚∀゚)━!
         根本に「よくできました」をあげよう
         有村のユニに輝く「TOYOTA」と「豊田織機」
         のロゴがうらやましかった
         ところで、TOYOTAの前身が織機メーカーだと
         知っているお子様はどのくらい居るんだろう
         (織機=織物製造機だよ、念のため)

 ・ナビスコ予選鹿島戦 →そんな日もある(´Д⊂ヽ

 ・飯田磐田戦 → 広島戦に同じorz
            高松、よくやった。しかし、君の風貌は
            理解不能な方向に行っていないか?
 ・管理人   → 社会復帰キタワァ*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.
          励ましていただいた皆様に感謝いたします
          この1年は程々に負荷をかけつつもマイペー
          スに、心おきなく旨い酒がたらふく飲める日
          を夢見てがんばりまつ(方向性が全く違う)
 
以上、管理人の社会生活中断の間、某巨大掲示板を毎日見ていた事
がバレバレなまとめでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年8月 »