« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年2月

幻影との戦い

唐突ですが、私の身体を構成する成分に「サッカー素」(さっかーそ、と呼ぶ)があります。
成分は99%が大分トリニータ、約1%がアルビレックス新潟、ごく微量に日本代表から
成り立つものです。
その、大分トリニータ分とアルビレックス新潟分が心配していることがあります。

既に周知の事実でありますが、大分は「攻撃の柱」であったマグノ・アウベスが移籍しました。
新潟は、様々な意味で「精神的支柱」であった反町康治前監督が勇退されました。
その後、大分にはブラジルからオズマール選手が加入。
新潟はモンテディオ山形から鈴木監督を迎え、新体制でのスタートを切っています。

ここからは大分の話を中心に進めるとしましょう。

マグノは、ただシュートを打つだけでなく、アシストもすばらしかった。
自分で持ち込むことも、タメを作って他の選手にシュートさせることもできた。
のみならず、「神様に呼ばれて大分に来た」とコメントし、家族も「大分」という土地に
大きな愛着を示し、2004年シーズン後に移籍騒動が持ち上がった際に、
サポーターが残留を願う行動に出たという事もありました。
ただの点取り屋ではない、人間マグノ・アウベスに大分サポーターは大きな感銘を受け、
「背番号10」が得点するたびに大いに喜んだのです。
今年、大分の「背番号10」が空き番号になっているのは、マグノの印象が強すぎる
ゆえではないかと考えています。
まだオズマール(背番号9)が実戦に出ていないため安易な比較はできませんが、
オズマールはマグノとは異なるタイプのプレーヤーと聞いています。
しかし、サポーターの中にはマグノの雄姿が鮮明に残っています。
オズマールの活躍を願えば願うほど、マグノとの比較を強めることになりかねない。
しばらくの間、オズマールは「いないはずの、マグノの幻影との戦い」を強いられるでしょう。
これはサポーターの内面でも起こる戦いのはずです。
マグノはもういない、マグノはガンバ大阪の選手になったのだ、彼は過去の人なのだ。
目の前にいるオズマールをしっかりと見守ろう、彼その人のプレーを見よう。

今、自分の99%の大分分に言い聞かせているところです。

おわかりいただけるでしょうか。

新潟で言えば、「反町前監督の幻影」との戦いが起こるだろうと考えています。
こちらはサポーターの心に残る幻影と、鈴木監督との戦いになるでしょう
前任者の印象が強ければ強いほど、後任者は苦しむものです。
5年間率いた監督の後であればなおさらのこと。
新潟の選手異動については詳細は分かりませんが、反町色を薄めようとしたことは
確かでしょう。それ故、昇格に貢献した選手も去るという副作用が生じたわけですが。
新潟の補強が吉と出るか凶と出るか、やってみなければ分かりません。
私の中の約1%の新潟分は、それを見届ける覚悟です。

ごく微量の代表分は「予選トーナメント突破できるか」という2002年の幻影との
戦いなのですが、こちらは突破できればそれでよし、突破できなきゃそれもよし。
正直、大分と新潟が残留できれば代表は(略)日の丸つけて戦うからには
トリノオリンピックの某代表(何の代表かはあえて言わず)みたいなことにはならないでね、
位の気持ち。(それでも負けたら悔しいと思うんだろう。それがワールドカップ。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

大分トリニータブロガー交流会

さる2月11日、大分熊猫さんの発案による交流会に参加してまいりました。
15名ほどの参加者でしたが、大分系では知られたブロガーさんが多く、興味深い集まりとなりました。
皆様、その節はお世話になりました。発案された熊猫さん、お疲れ様でした。
私も精進してまいりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分から移籍していった選手の取扱説明書一覧(順不同)

一人づつ書くのが面倒くさいほど移籍してしまったので。
今頃書くな、という苦情は無しの方向でお願いします。

(1)名古屋グランパスサポーター様へ
   高嵜理貴 取扱説明書
   ・そちらでは秋田と同い年、最年長選手になるはずです。
    鹿島時代、2人は仲が良かったそうです。
   ・有村とも、サガン鳥栖と大分で一緒にやってます。
   ・大森とも、確か一緒にやってたはずです。
   ・ゴール前での飛び出しにハラハラさせられますが、仕様です。
    飛び出しすぎて赤紙もらったこともある(2004年 対新潟戦)
   ・自分でピンチにしておいてセーブして燃え上がる、自家発電仕様です。
   ・練習時は、是非とも彼のコーチングを聞き逃さないようお願いします。
    実況並みにうるさいですが、仕様です。声が高いのも仕様です。
    楢崎対川島、楢崎対高嵜、高嵜対川島の 魅惑のコーチング合戦が聞ける名古屋サポ様が
    うらやましゅうございます(´Д⊂ヽ
   ・大分ではU−8(小学校低学年)くらいまでのお子様サポにモテモテでした。実際、2児の父。
    ファンサービスは厭いません。笑顔でこなします。

(2)大宮アルディージャサポーター様へ
  江角浩司 取扱説明書
  ・でっかいです。191センチあります。手足も長いです。
   身体能力も高く、コーチングもドスが効いてなかなか素敵です。
   どうして正GKになれなかったのか不思議なくらいです。
  ・試合前、彼がゴールポストに願掛けすると「ゴールポスト選手」
   「クロスバー選手」が味方について失点を防いでくれます。
   たまに効かない日もあるようです。
  ・でっかいが故、U−170cm級の選手とツーショットを取られる際は
   フレーミングやトリミングにお気をつけください。 
  ・遠征中、同室になる方は耳栓をご準備くださいませ(理由は…)。
  ・大分系ブログや某掲示板の大分関係スレッドで「マキコ」と呼ばれている件ですが、
   女優の江角マキコの遠縁に当たるからです(実話)
  ・イベント関係によく出演してましたので、そちらでも難なくこなすと思われます。
  ・ファンサービスは、きちんとやります。
  ・大分のクラブ公式サイトでポジション「GF」と書かれた過去があります(2005年)
   おそれおおくもN○T○日本がスポンサーであられる大宮サイトが失態を犯すことは
   ないだろうと思っていましたが、これはないだろ! 
   ということで、くれぐれも誤字脱字には気をつけてあげてください。
  ・新婚さんです。
  
(3)ガンバ大阪サポーター様へ
 マグノ・アウベス 取扱説明書
  ・彼の情報については、「マグノ アウベス」で検索した方が良いでしょう。
  ・敬虔なクリスチャンです。
  ・良いパサーがいれば良い仕事をします。 
  ・性格は真面目です。ただし、練習中、または試合中、
   ふてくされていたり両手を広げてアピールしていたり
   残り時間10分くらいあるのにチンタラ歩き出したときは危険です。
   怒っている証拠ですので、よく話を聞いてあげてください。
  ・ファンサービスは、(怒っていなければ)気軽に応じてくれます。

(4)横浜Fマリノスサポーター様へ
 吉田孝行 取扱説明書
  ・取説いらない気がしますが、書きます。
  ・大分に来てから「どこでもできる人」になりました。
  ・バックパスが多かったり、クロスを蹴った際に「ボヨヨン」という擬音が聞こえましたら
   交代させてください。
  ・昨年の怪我以後、90分持たない身体になったようです。
  ・審判に食ってかかって黄紙をもらう癖があります。そちらには似たようなDFさんが
   おられるので、「ミイラ取りがミイラになる」可能性も大です。お気をつけください。
  ・「紐」愛好者です。トリコロールな紐を差し入れてあげましょう。
  ・まもなく29歳になるのに、一児のパパなのに「王子様」です。
   大分の貴重なイケメン枠が(´Д⊂ヽ 
  ・大分ではファンサービスには気軽に応じてくれましたが、そちらでは難しいかもしれません。 

(5)アビスパ福岡サポーター様へ
 吉村光示 取扱説明書
  ・DFですが、MFの仕事もできます。DFならサイド向きです。
  ・髪の色が奇抜になることがありますが、仕様です。
  ・練習場にいる時間より中州にいる時間の方が長そうな予感…
   そうならないことを祈ります。
  ・ファンサービスについては不明です。きちんと頼めば断ることはないと思います。

(6)水戸ホーリーホックサポーター様へ
   西野晃平&倉本崇史 取扱説明書
  ・2名とも出場機会を求めてのレンタル移籍です。厳しくも暖かいサポートを
   お願いします。
  ・性格は、2名とも真面目です。
  ・西野はキャンプ早々負傷したようですね。プロとしての身体作りが課題です。
   ゴールをねらう嗅覚はあります。
  ・倉本は昨年は怪我をしておりました。試合に出たくてウズウズしているはずです。
   DFとしてはあまり大きくない身体ですので、どのようなスタイルで戦っていくかが
   課題です。

(7)東京ヴェルディ1969サポーター様へ
 木島良輔 取扱説明書
  ・とにかく、来たボールをドリブルして前へ持って行きます。
   ゆえにウルトラマンと同じ時間しか体力が持ちません。
   キャンプで相当鍛えてください<監督、コーチ殿
  ・ほめるてあげると「やればできる子」になりますが、おだてすぎると図に乗ります
   サポートのさじ加減が難しい選手です。
  ・彼のオフの過ごし方を見張ってください。心配しております(´Д⊂ヽ

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年4月 »