« 有村光史 取扱説明書 | トップページ | 大分から移籍していった選手の取扱説明書一覧(順不同) »

移籍をめぐる、独り言

昨日、多くの大分系サイトで、あるニュースを巡
己のさまざまな想いを語っていた。

 大分市営陸上競技場で試合をしていたり、
 犬飼リバーパークそばの川で汗を流したり、自分の車をロッカールーム
 代わりにしていたり、そんな時代からチームを支えてくれた選手である。
 また、ひたむきなプレーと端整な顔立ちでファンの数もダントツに多かった。
 昨年、HOT6の時期に膝を痛めて戦線離脱をするも、キャプテンとして
 チームを鼓舞してきた。
 この6年間、サポーターにとって「吉田のいない大分トリニータ」は
 考えられなかった、といっていい。
 
その吉田が、古巣でもあるマリノスへ完全移籍した。
「出場機会」を求めてマリノスを離れた彼が、
「高いレベルで競いたい」と あえて「名門チーム」への移籍を選んだ。
 (後ほど分かったことだが、マリノスのMF山瀬が椎間板ヘルニアを患い
  経過が芳しくないとのこと。若手の手本となりうる経験の豊富さと
  トップ下ができるということで、吉田に白羽の矢を立てたのであろう)


大分トリニータの歴史「第1章」が終わった、と感じたのは私だけだろうか。 

 サッカー選手は、例えて言えば「転校生」。
 事情があってチームに入り、事情があってチームを去る。
 吉田もまた、「転校生」の1人であった。それだけだ。
 入学から卒業まで同じチームで過ごす選手の方が、実は希なのだ。
 ならば、「あのチームにいられて良かった」と言わせたい。
 
 吉田、6年間ありがとう。マリノスのスタメンを奪い取れ。
 吉村、九州ダービー。ウチの若手は手加減しないからね。
 原田、川崎でチャンスをつかめ。FK蹴れよ。
 江角、大宮の正GKを奪い取れ。そして守り抜け。
 マグノ、あなたが居なければ、ここ2年間「残留」はなかっただろう。
 ガンバ大阪で得点王を目指して欲しい。
 有村、名古屋サポに「おまえがいないと困る」と言われる存在になれ。
 向こうでも、若い選手達のお手本となってくれ。
 倉本と西野、J1大分トリニータが生まれるためにもがき苦しんだ場所、J2。
 多くの経験を積んでこい。

 大分のユニを着ない彼らは、既にライバルチームの選手だから
 ホームでもアウェイでも大きなブーイングで迎えよう。
 そして、大分のユニを着る選手には、大きな声援を送ろう。
 これが正しいサポーターの道だと、私は思う。

|

« 有村光史 取扱説明書 | トップページ | 大分から移籍していった選手の取扱説明書一覧(順不同) »

サッカー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いずあるさん、はじめましてかな?
新潟サポさんでしょうか?
当ブログへようこそm(__)m

マグノの件ですが、現地へは行きました。
最終的に150人ほどのサポーターが集結し
彼をコールとともに見送りました。
現地滞在はわずか10分ほどだったのですが
大分サポの前に姿を見せて挨拶した心意気に涙が出ました。
移籍する選手は、「ひっそり」と去って行くことが多く、個人的にはその方が諦めもつくというかさっぱりするというか…
ただ、マグノはどうしても感謝と別れの言葉を言わずにはいられなかったようです。
翌日のデイリースポーツWeb版に、伊丹空港に到着したマグノの写真がありました。
そのときのコメントは既に「ガンバ大阪のマグノ・アウベス」としてなされていて、改めて
彼のプロフェッショナルぶりを見た思いです。

投稿: りずむ | 2006.01.28 11:09

本日夕に急にクラトリで行われるマグノ選手あいさつは行くんですか(一応、現地サポらしいなあと思ったモノでお節介でしょーが・・・)

投稿: いずある | 2006.01.26 15:24

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16705/8210517

この記事へのトラックバック一覧です: 移籍をめぐる、独り言:

« 有村光史 取扱説明書 | トップページ | 大分から移籍していった選手の取扱説明書一覧(順不同) »