« 名古屋戦覚え書き | トップページ | マスコットサミットの件 »

シャムスカ体制の1ヶ月

横浜F・マリノス 0−3 大分トリニータ
君達は同点ごときでガックリうなだれていた、
あの選手たちと同一人物なのか。

どこにボールを出して良いか悩んだ末にバックパスを
繰り返していた君達が。
前線までボールが届かなかった君達が。
セットプレーで見事なまでに失点していた君達が。
最後の最後に踏みとどまれずに失点していた君達が。
9月以降、3勝1敗1引き分けで勝ち点10をもぎ取るとは
誰が予想したであろう。
戦力に大きな変化があったわけではない。
攻撃面ではブラジル人頼みであることは否めない。
最終ラインにはルーキーとアマチュア契約(二種登録)の選手が入り、
ゴールマウスは19歳の1年目が守る。

変化があったのは、選手の意識。
モチベーション(動機づけ)が高くなった。
自分に自信を持って仕事をしている。
顔つきが明るく逞しくなり、生き生きした表情に変わった。

シャムスカ監督が真っ先に手をつけたのは、選手の気持ちの立て直し。
誇りを取り戻させ、自信をつけさせ、自ら考えて行動させる。
「残り試合で勝ち点18を取る」と明確な目標を持たせる。
たったこれだけと思われるだろうが、実は難しいことなのだ。
だがシャムスカ監督は週1回の実戦を戦いつつ、1ヶ月で結果を出した。

この監督、ビッグクラブからの誘いは断り、
下位のクラブに行って立て直すということを繰り返してきたそうな。
だから就任当時の大分の状況(経営危機・選手の意識など)には
それほど驚かなかったと思う。
むしろ、「仕事のしがいがある」と自分のモチベーションを上げたことだろう。

インタビューは沈着冷静。落ち着いた口調のポルトガル語で話す。
(だから通訳さんのハイテンションぶりが目立つんだな)
マリノス戦の後のコメント。
「シャムスカマジックではないです。オオイタマジック、と言ってください」
…泣かせないでください、監督。
今シーズン、失ったものが多かったけれど
ここに来て、素晴らしい監督(とヘッドコーチ)に巡り会った。

残り試合にはガンバ&鹿島の優勝候補が、
どうしても勝てない千葉が、
崖っぷちに立つ大宮&V東京が控えている。
絶対に負けられない戦いの連続、のはずだけど、

早く試合が見たくて週末を待ちきれない自分がいる。


|

« 名古屋戦覚え書き | トップページ | マスコットサミットの件 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。コメントありがとうございます。

まだ降格圏に戻る可能性があるので
兜の緒を締めて残り試合をサポートします。
(見に行くだけですが)
シャムスカ監督は「自分はブラジル代表監督になるんだ!」という
大きな目標の下、仕事をしているそうです。
下位クラブのオファーを受けるのも、
海外(大分ですね)のオファーを受けたのも
すべては代表監督のためと。
こっそり日本代表監督になってたらどうしよう(;´Д`)
ファンサービスには気軽に応じるそうです。

甲府のマスコット、どんな風になるんでしょう?
先日のオールスターでパルちゃんと
グランパス師匠を見てしまい、
「あれを超えるマスコットは出来るのか」と不安になって参りました(;・∀・)

投稿: りずむ | 2005.10.11 21:34

どうも!

監督変わってからの大分サン、「凄!」の
一言だと思ってます。

面子が変わったわけでもないのにここまで
無敗で来ているわけですから、やはり選手
自身のポテンシャルを引き出すための
「何か」を持っている御仁なんでしょうね。
<シャムスカ殿

完全圏内脱出までは、気を抜かないでいて
欲しいと思います。

#来年出来れば上でやりたいし・・・。

では!

P.S.ちなみにこちらでもマスコット作成の
話が出てきました(笑)

投稿: T.Stone | 2005.10.05 00:33

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16705/6224112

この記事へのトラックバック一覧です: シャムスカ体制の1ヶ月:

« 名古屋戦覚え書き | トップページ | マスコットサミットの件 »