« 本物の嵐が来た | トップページ | 磐田戦覚え書き »

マスコットのこと

oyaren

kadafiさんのブログ に貼っている写真。

これは私が撮ったものです。

伏線は2004年にありました。
6月14日の対新潟戦(1−0で負け(;´∀`))。
「おやすみスワンちゃん」を抱えて観戦していた私は終了直後アウェイ側へ行き
記念写真を撮らせてもらいました。

忘れもしない今年の7月24日、新潟戦終了直後。
「おや連」(おやすみアルビくん連盟)の九州支部集会があると噂に聞き、
3−1で負けやがったチームはさておき、アウェイ側シートに向かったのです。
青いシャツで現れた私はアウェイ側の人々に不思議な顔で迎えられましたが、
「うちの子(ミニおやすみスワンちゃん)も混ぜてください!」とお願いして
記念写真撮影と相成りました。
新潟サポーターさん、鳥栖サポーターさんから励ましのお言葉をいただき
「大分も頑張ります」と答えてお別れしました。
その際、ホーム側で起こっていたことはこちらに書きました。

大分のチーム状況は極めて悪化していました。
でも10月にオールスターを観戦する多くのサポーターのために
マスコットサミットを開催したい。一人では無理だから、仲間が欲しい。
写真が納められたデジカメと共に、8月10日のサポカン会場に向かいました。
そこでkadafiさんと運命の出会い(笑)。
マスコットサミットを開きたいという仲間を見つけることができました。
そして、実行委員としてお手伝いすることとなりました。

マスコットが何の役に立つか、と聞かれます。
一つは「グッズ収入の増加」。マスコットグッズは多くのクラブで人気商品になっています。
もう一つは「話のタネ」。他クラブのサポーターと話したくても何から話してよいやら…と
悩むとき、マスコットネタを出して見ると意外に盛り上がることがあります。
そこからサッカー談義に花が咲くことも。
また、試合のアトラクションとしてマスコットが一芸を披露することもあります。
名古屋の「グランパス君」、清水の「パルちゃん」、川崎の「ふろん太」、仙台の「ベガッ太」
あたりが有名です。これを目当てに遠征するサポーターもいるとかいないとか。

もっと大分トリニータの試合を見に来る人が増えるように、
チームに少しでもお金が集まるように、
何より、サポーターの楽しみが増えるように、
大分トリニータにもマスコットが欲しい。
マスコットサミットが、そのきっかけになれば幸いです。

|

« 本物の嵐が来た | トップページ | 磐田戦覚え書き »

サッカー」カテゴリの記事

マスコット」カテゴリの記事

マスコットサミット」カテゴリの記事

コメント

 初めまして、どうもご無沙汰しております。

 しょぼい蹴球酒蔵の醸造主、ろくいちです。
昨日台風が九州を縦断しましたが、りずむさんのお宅は大丈夫でしたか?こちらは無事で
したが、もしご覧になられている方で災害に遭われた方がいらっしゃったら、この場を借りて
災害お見舞い申し上げます。

 私のブログを訪問し、コメントを寄せて頂きま
して誠にありがとうございます。初めてでした
のでうれしかった(^0^)♪ですよ。今月になって
スタートしたので。

 オールスターでのおや連集会を大分で、という考えがありましたので、ぜひご協力できるこ
とがあれば、少々ですがご協力させていただ
きたいと思います。

 それでは、また。

投稿: るいるいこすたakaろくいち | 2005.09.07 13:12

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16705/5819930

この記事へのトラックバック一覧です: マスコットのこと:

« 本物の嵐が来た | トップページ | 磐田戦覚え書き »