« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

名古屋戦覚え書き

・ネット配信で後半のみ観戦
・ブロードバンドってすごいな
・実況が選手名間違えまくりなのはいただけない

・後半にもかかわらず、大分の足が止まらない
・名古屋、足が止まってくる。杉本と藤田に仕事をさせない大分。
・とはいえ、攻められるとアタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ。
 深谷、三木、福元がひたすら止める。
・深谷、強くなったな。
・梅田と吉田が働く働く。
・マグノのワンタッチから高松→切り返して先制!
 高松かっこよすぎ(点を決めたとき限定)。
・吉田のシュートは入りませんか、そうですか。
 変なパスするよりはずっといいけど。
・木島→マグノの2点目。マグノ凄いよマグノ。
・ピッチレポーター「マグノのシュートが決まったとき、木島は
 監督のところに行って、やりました!と報告してました」
 おまえはそんなに褒めてもらいたいのかと小一時間r。
・試合終了前に聞こえてきた「トリニータ オーレ」。
 勝利を確信したときに歌われるチャント。
 よく考えたら、J1昇格後に勝利を確信することが
 無かった気がする。本当に久しぶりだった。
・試合終了後、高松の後に映ったのは背後霊ですか?
・「そうですね」と「アシュケー」は同義語らしい。
・高松、マフラーをぐるぐる巻きにしなくても良いと思うよ。
・高松、サインボール蹴ったときアイシングも飛んだね、高松。
・やっぱり高松は天然だと確信。
西川君が調子に乗ってるようなので、誰か渇を入れてあげてくださいw

・こんなウキウキした週末は久しぶりです。
・経営問題に触れないのはお約束です。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールスター出場選手

こちら(公式サイト)にて発表されています。
大分からは 西川 マグノ 高松 の3名が選出。
なかでも西川はファン投票トップでの選出。光栄なことです(1日5西川が実りました)。
西川と野澤、いろんな意味でネタ系GKで固めるとは、反町監督もやりますね。
マグノと高松の得票数から考えると、西川へ入れてくださったのは他クラブサポの方も
かなりおられたのではないかと推測されます。ありがとうございます。

今回は「新潟がWESTってのはどうよ(どう贔屓目に見ても東日本)」とか、
「新潟のアナログ戦術に負けそう(ホームなら1人1票でも4万票)」とか、
「JEFサポの力も侮れない(こちらはネットを駆使した?)」とか、
「みんな投票してるのか(冷めてないですか)?」とか
「開催地のはずなのに(以下略)なため、それどころじゃない大分」とか
「F1日本GPの日とぶつけるな ( ゚Д゚)ゴルァ!」とか
「代表戦もかぶってるぞ ( ゚Д゚)ゴルァ!」とか
つっこみどころ満載すぎて疲れるでございます。
まぁ、これは年に1度のお祭り騒ぎでございますから、
あまりカリカリせずに楽しむのがよいのでしょう。
出場が決まった選手にはがんばっていただきたい。
そして、反町&オシム監督には空気を読んだ采配をお願いしたい。


ここからは補足です。
大分からの選出が上記3名だったことについて、私は個人的には納得しています。
西川はワールドユース出場により知名度が上がった。
マグノは昨年末にチーム残留を決めた背景に「サポーターからの強い声」があった。
高松は生え抜きストライカー。
華やかさでは物足りないかもしれないですが、大分を代表するプレーヤーであるのは
間違いない。
(今だから言える。昨年の瀬戸選出のほうが「?」な気分でした。)
吉田も大分の顔ですから、出て欲しいという声はあった。
怪我がなければ、マグノor高松と入れ替わって選出されたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールスター in OITA にお越しの皆様へ

2003年に横浜Fマリノスサポーター様より「大分遠すぎ」との
有り難いダンマクを掲示していただいてより、アウェイサポの皆様は言うに及ばず、
実はホームサポの皆様におかれましても「アクセス悪すぎ」と内心思われている(らしい)
我らがホームスタジアム「ビッグアイ」。
毎試合2万人強の観客動員がありますが、その多くはマイカーまたは無料シャトルバスによる送迎で
来場しております。

と・こ・ろ・が。
来る10月9日(日)のオールスターゲームでのアクセスにつきましては、
特別ルールが設けられています。

(1)主に地元の皆様へ
   ビッグアイ駐車場、佐野流通団地、大在公共埠頭は
  前売り券が必要です。
  佐野、大在に駐車する方はシャトルバスで送迎されます。

(2)大分駅前からのシャトルバスをご利用の皆様へ
  「往復シャトルバス前売り券」が必要です。 
  なお、シャトルバスの発車時刻ごとに発売されていますので、
  乗車時刻を確認の上、購入してください。

詳しい情報はオールスター公式サイトでご確認ください。
なお、9月11日現在、(1)と(2)の前売り券は発売中と確認しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦和戦覚え書き(録画観戦)

・埼スタ、赤黒いスタンド。跳ねるレッズサポ。
・こぢんまりとトリサポ。

・梅田、よくやった。
・高松、ポストプレーヤーの仕事は100%果たした。
 濃厚な祝福はやめなさい
 
・マグノ、やっぱり凄かったよ。神だよ。
「大分トリニータは、まだ死んでいません!」
 個人的に流行語大賞にさせてもらおう。

・危ないシーンはいくつもあったが、選手全員が90分間集中していた。
 同点にされても「点を取ろう」と前向きな気持ちが見えた。 
・内村と木島が生き生きとプレーする姿、久しぶりに見た。

・シャムスカ監督って、ガンダムのキャラクターにいそうな顔。
 どうか大分を立て直してください。お願いしますm(__)m。
・通訳さん、落ち着いてくださいw 

・福元くん、デビュー&初勝利おめ。田中達也との闘いは良い経験になったはず。
 (でも無給なんだよな)
・周作、初勝利おめ。試合後の笑顔最高だった。コメントに泣けた。

・インタビューを受けるマグノの後ろ、満面の笑みを浮かべた選手が通り過ぎる。
 みな、良い笑顔だった。
・名古屋は中位力を発揮していますが、次も勝利目指していくぞ!
 私はこれで観戦予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

磐田戦覚え書き

・ホーム側のシートで、アウェイチームに関するものを身につけないでください。
 身につけるならアウェイシートへ行ってください。
 大分だから何でも許されるわけではありません。
・最低限のマナーやルールは守ってください。

・スカンズ監督代行、お疲れ様でした。
・高松、よくやった。
・西野、あれはグラウンダーのほうが良かったかと。
・誰がGKでも同じだと思う。これからは西川か江角でいってほしい。
・自分の役割が分かって仕事してるのか不安な方が数名いた。
・試合終了のホイッスルを聞くまでは、何があっても下を向くな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコットのこと

oyaren

kadafiさんのブログ に貼っている写真。

これは私が撮ったものです。

伏線は2004年にありました。
6月14日の対新潟戦(1−0で負け(;´∀`))。
「おやすみスワンちゃん」を抱えて観戦していた私は終了直後アウェイ側へ行き
記念写真を撮らせてもらいました。

忘れもしない今年の7月24日、新潟戦終了直後。
「おや連」(おやすみアルビくん連盟)の九州支部集会があると噂に聞き、
3−1で負けやがったチームはさておき、アウェイ側シートに向かったのです。
青いシャツで現れた私はアウェイ側の人々に不思議な顔で迎えられましたが、
「うちの子(ミニおやすみスワンちゃん)も混ぜてください!」とお願いして
記念写真撮影と相成りました。
新潟サポーターさん、鳥栖サポーターさんから励ましのお言葉をいただき
「大分も頑張ります」と答えてお別れしました。
その際、ホーム側で起こっていたことはこちらに書きました。

大分のチーム状況は極めて悪化していました。
でも10月にオールスターを観戦する多くのサポーターのために
マスコットサミットを開催したい。一人では無理だから、仲間が欲しい。
写真が納められたデジカメと共に、8月10日のサポカン会場に向かいました。
そこでkadafiさんと運命の出会い(笑)。
マスコットサミットを開きたいという仲間を見つけることができました。
そして、実行委員としてお手伝いすることとなりました。

マスコットが何の役に立つか、と聞かれます。
一つは「グッズ収入の増加」。マスコットグッズは多くのクラブで人気商品になっています。
もう一つは「話のタネ」。他クラブのサポーターと話したくても何から話してよいやら…と
悩むとき、マスコットネタを出して見ると意外に盛り上がることがあります。
そこからサッカー談義に花が咲くことも。
また、試合のアトラクションとしてマスコットが一芸を披露することもあります。
名古屋の「グランパス君」、清水の「パルちゃん」、川崎の「ふろん太」、仙台の「ベガッ太」
あたりが有名です。これを目当てに遠征するサポーターもいるとかいないとか。

もっと大分トリニータの試合を見に来る人が増えるように、
チームに少しでもお金が集まるように、
何より、サポーターの楽しみが増えるように、
大分トリニータにもマスコットが欲しい。
マスコットサミットが、そのきっかけになれば幸いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

本物の嵐が来た

チームが嵐に巻き込まれたと思ったら…でした。

今日あったこと。

45リットルペールボックスが転がってきました。
いつもの道が、半分土砂で埋まってました。
仕事場に着いたら上司から
「今日は帰っていい」と言われました。
川の水が、もう少しで堤防を越えそうでした。
踏切の遮断機が、風で降りそうになりました。
自分が風で飛ばされそうになりました。
●●年生きてきて、初めての体験でした。

((((;゜д゜)))ガクガクブルブル

九州の皆さん、大丈夫ですか?
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
進路にあたる皆さん、この台風は風も凄いですが
雨の勢いも凄いです。河川の氾濫や土砂災害には
くれぐれも用心されてください。

明日は仕事場の片付けからかなorz

追伸
ビッグアイの屋根は飛んでません。
本日、選手は室内練習だったらしいですが
果たして何人たどり着いたのやら…
(昨年9月の台風では、家から出られなかった
選手多数とのこと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコットサミット 2005 in OITA

磐田戦のことは棚に上げますよ(よいしょ)。
後で下ろしますから。

「さて」 標記の件でございます。
来る10月9日(日)、ビッグアイで行われる
「2005JOMOオールスターサッカー」にちなみ、
「お祭り気分」を盛り上げる企画として
マスコットサミットをやろう!という話が
浮上いたしました。
実行委員会のブログも立ち上がっています。
詳細は未定ですが、できたらビッグアイの中(スタジアム内)で
やりたいとのことです。

オールスター観戦予定の皆様。
あなたのサポートするクラブのマスコットグッズ
ビッグアイにお連れください。
J1、J2、JFL、外国のクラブ、今は無きクラブ、どちらのマスコットでも
OKです。
また、大分サポーターさんはオフィシャルグッズである
「くまのぬいぐるみ」、もしくは「大分限定キティちゃん」
さらには「かぼたん」「めじろん」のぬいぐるみでも
大丈夫です。
スタジアム内(またはビッグアイ敷地内、場所は後日告知されます)の
某所にて、マスコット達が一堂に会する様子を
みんなで愛でませんか?記念写真を撮りませんか?
そして、サポーター同士の交流を図りませんか?
つまり、
「ぬいぐるみを並べて(´Д`)ハァハァしよう」という、
お好きな人にはたまらない企画です。
私は、実行委員として「一期一会」の心で
お手伝いさせていただきます。

なお、昨年のオールスター(新潟)では
ビッグスワンの外で同趣旨の企画が
行われています。
その模様は「偏愛アルビ」サイトにて
ご確認ください。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

サインカーブ、コサインカーブのような1週間

サインカーブとは、ここをご覧ください。
コサインカーブとは、ここをご覧ください。
大分トリニータサポにとって、この一週間をグラフ化するなら、まさにこんな感じ。

27日(土) 神戸に1−2で敗れる。
28日(日) 夜にファンボ監督辞任、スカンズコーチが監督代行と発表。
29(月)〜30日(火) スカンズ監督代行と立石コーチの二頭体制との報道。
31日(水) 新監督候補明らかに。
1日(木) サポーターが練習前後に激励のコール、フェンスにはダンマクが。

練習を見学した人が言っていた。「のびのびとやってるように見えたよ。」
私も数日前に練習見学をした(人生初めての練見だ)。
練習後、ひとりの選手がボールキープし、もうひとりが奪おうとして遊ぶ姿を見た。
2人は、サッカーを始めて間もない子どものように無邪気な顔をしていた。
1週間前には、そんな空気は現場になかったと聞く。

選手は決してのほほんとしているわけではない。危機感がないわけでもない。
彼らは悩み苦しみ足掻きながら、前を、上を向いている。
バラバラになりかけたものは少しずつ再生に向かっているようだ。
そのために、何と大きな犠牲を

いや、もう後ろは振り返るまい。人生に山や谷はつきものだ。
どうせなら、タンジェントカーブのように這い上がれ!
サポーターはいつも選手を後押ししているよ。
見えるとも、見えなくとも、共に戦っているよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »