« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

とかなんとか書いていたら

サイト巡りしていたら、こんなん見つかってしまった↓
http://ppc3.s59.xrea.com/modules/news/article.php?storyid=71
あ、阿部吉朗… 阿部ちゃん… 
ごめん、ごめんなさい。こんなグダグダなチームに来たばっかりに。
出場のチャンスが増えるならとレンタル移籍を決めたのに。
大分がせめて昨年のような状況だったら、もっと活躍できたろうに。
ひたむきにボールを追う姿、忘れません。新天地での活躍を祈ります。
でも、恩返し機能は発揮しなくて良いからね

それと、本日の西日本スポーツに掲載された記事の一部を転載させていただく。
元記事は http://www.nishinippon.co.jp/nishispo/kyu_j/index_trinita.html
(コピー&ペーストで見に行ってください。記事が替わってたらすみません)
「試合内容に自信が持てつつあるからなのか、1部で3年目という経験からなのか、
選手たちに2年前のような悲壮感は感じられない。」
 「DF有村は『降格争いっていう印象はないし、上だって狙えると思う』と
周囲の雑音が「むしろ不思議」といった様子で話した。」
私がショックだったのは、有村のコメントである。
普段の物静かさが嘘のように試合では熱くなる選手が、
結婚記念日(J1昇格の1年後に結婚)を「一番大切な日だから」
と11月2日(大分サポなら分かりますね)にした男が言ったコメントとは思えない。
アリ、どうしてしまったんだ。怪我のせいとは思えないよ。

おかしい、何かがおかしい。過去2年とは明らかに空気が違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だからって、言っていい話ではない

ネット上で「いっそJ2に落ちてチームの立て直しを」という意見を目にした。

_| ̄|○

今のJ2の状況を見ているのだろうか。福岡の状況を知っているのだろうか。
1年で返り咲けるほど、J2は甘くはない。
それに、チームがJ1にいるならば、U−15・U−18に良い選手を集めやすい
(西川本人が、プロへの近道として国見高校ではなく大分U−18に来たことを
明言している。彼が1年生の時、大分はJ1昇格を決める)けれど、
J2に落ち資金の問題が浮上すれば、現有勢力は他チームからの引き抜きにあうだろう。
サポーターの立場から見れば、思い入れのある選手を奪われることになるわけだ。

サンフレッチェ広島に在籍していた久保、藤本の例がある。
コンサドーレ札幌に在籍していた山瀬や今野の例がある。
今度は高松、西川や梅崎、福元がそうなるのだということを、考えてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柏戦覚え書き(選手編)

さて。
我らの大分トリニータは昨日の対柏戦を
1−1で引き分けたことにより、得失点差で
「J1」18チーム中の17位に転落した。
このままでは、来年はJ2リーグに降格することになる。
それが、今チームが置かれている現状である。

以下に書くことは試合中の選手の動きや態度や言動で
推測したものであることをお断りしておく。

昨日の選手たちは、確かに勝ちたい気持ちを見せていた。

FWよ、頑張りは認めよう。
惜しむらくは、ゴールへの執念をもっと持っていて欲しかった。
MFよ、「中盤」という言葉を思い出しました。少し光が見えました。
吉田、万全でない中のフル出場お疲れ様。あなたが今、涙を流すことはない。

左サイドバックよ、なぜそんなにオドオドしている?
右サイドバックよ、体張って柏の選手を止めようとしなかった?
弱気なDFは、瓜生島(うりゅうじま)に行っていい。
          ※瓜生島…別府湾に存在した島。
                 1596年の地震で液状化現象により
                 一夜にして海底に消えたとされる。
           参考サイト http://www.ailab7.com/uryuu.html

GK西川、耐えに耐えた90分だった。
新潟戦で同点にされたときの落ち込みようは目も当てられなかったけれど、
昨日は先制されても下を向かず、最後尾から叱咤し続けた。
19歳にしてチームごと修羅場に放り込まれ、
試合中も厳しい体当たりを受けていたというのに、
君は昨日もサポーターに一礼して挨拶していた。
こちらが頭が下がるよ。
君を見るためにスタジアムに足を運ぶ人が増えてきた。
大分トリニータの大切な宝になりつつある君に、早く勝利の喜びを
味わわせてあげたい。
パトリックは「10年後、大分に監督として帰ってくる」
と言った。
その時まで、どうかJ1大分の正GKであり続けてほしい
と願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柏戦覚え書き(ゴール裏の話)

2ちゃんねる「大分トリニータ116」スレッドにおける以下の書き込みを引用して
覚え書きとさせていただく。


464 U-名無しさん sage 2005/08/24(水) 23:14:11
  試合のレポはサッカーが分かる人にお願いしたい。
  前半10分間の根本と、吉村と上本は「逝ってよし」だった。
  周作、雅人、前半のブラジル人コンビは良かった。
  自分は噂のゴール裏の様子をレポする。
  ピッチ練習で周作が入ったとき、コールなし。
  何かあると思ったら、他の選手が入ってきたところで
  「ラブ トリニータ」をエンドレスで歌いまくる。
  DJ大野の選手紹介とかぶったのが痛かった。
  で、スタメン・スタベン発表のコール、ファンボの分なし。
  試合直前の選手入場時、アレオではなく
  「大分よりの使者」を歌う。

468 U-名無しさん sage 2005/08/24(水) 23:21:13
  大体ゴール裏中央の3列くらいがトリニスタの場所。
  死ぬ気で声を出してたよ。コールもチャントも
  今日は試合の流れを呼んでやってたと思う。
  で、その左右5列ずつくらいがサポーターの中でも
  ライトな層で占められていた。立つ人は少ないが
  初めは良く声出していた。
  が、柏に先制されたとき、気持ちが折れたのは選手でなく
  そのライトな層だった。たちまち声が出なくなった。
  で、中央3列が声出し、残りは静観ぎみという状況が
  マグノの同点ゴールまで続く。

473 U-名無しさん sage 2005/08/24(水) 23:27:16
  ハーフタイムの風船とばしでスタジアム側はアレオをかけたが
  ゴール裏は「大分よりの使者」を歌う。
  同点後、ライト層も息を吹き返して声が出てきた。
  でも、2003年の最終節レベルにはほど遠かった。
  試合内容としては、一応引き分けで最悪のケースは逃れたし
  後半の周作、山崎の奮闘もあって、ゴール裏全体は
  「良くやった」って空気になってたよ。
  このとき、誰も他会場の結果が分かってなかったぽい。
  (順位が17位になったのがわからず)
  だから、バックスタンドもゴール裏もメインスタンドも選手を
  拍手で迎えた。

476 U-名無しさん sage 2005/08/24(水) 23:31:26
  連投スマンが、もう少し。
  自分の前の兄ちゃん達が大海を指さし、
  「大海!」と叫びながら親指を下に向ける仕草をしたんだが、
  当の本人は気がつかなかったようで、周作と談笑しながら去っていったよ。
  周作は足を止めて一礼して行ったんだが。
  吉田と三木は泣いていたように見えた。責任感じてると思う。
  吉田はまだ70%位しか戻ってないような動きだったけど、今日は責められん。

481 U-名無しさん sage 2005/08/24(水) 23:38:09
  最後に1つ。
  選手が下がった後、誰に向かっていったかは分からないが
  「立って声出せ」という発言があった。かなりでかい声。
  ゴール裏が順位変動に気づいたのは大多数が
  シートを去った後だと思う。
  もしくは、今日は「負け」た場合のみ行動に出るつもりだったのか。
  引き分けで可とする空気は感じたよ。 以上。連投スマンカッタ。


これに付け加えること2点。
・トリニータの選手が喪章をつけて試合に臨んでいたのだが、
 どなたかの身内にご不幸があったのだろうか?
・ウチの選手って、今日のレベルで「いっぱいいっぱい」なのかもしれない。
 これで上位・中位と当たるわけですか、そうですかorz。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

デザインについて

しばらくの間、和ませてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれから1ヶ月経ちました。

いろいろありまして、ネガティブな意見交換が多くて、
もともとネガティブな思考が目立つ大分サポーター。
自分もめそめそしておりましたが、

たかが1点取られたくらいで、この世の終わりのように
落ち込む「彼ら」には応援拒否より声援が必要。

90分間、ともに「彼ら」と戦うだけだと腹をくくりました。
サンボマスターの「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」を
聞きつつ、明日の柏戦に備えます。
ゴール裏、メインスタンド、バックスタンド、アウェイ側トリニータシート。
それぞれ場所は違うけれど、頑張りましょう!

「悲しみで花が咲くものか!」


ギャルサポの皆さん。
間違っても「玉田〜(はあと)」とか叫ばないように。
玉田には迫力あるブーイングをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »